PORT 大阪市此花区四貫島にある飲食店・商店・住居・アトリエ・事務所などの複合建物。ご宿泊も受け付けています。阪神電車千鳥橋駅より徒歩2分。JR西九条駅より徒歩15分。PORT 飲食店・住居・事務所などの複合建物

パレード #13


Takamitsu Ohta

中田粥

米子匡司
日時:
2018年8月11日(土)
集合 23:50

料金:
自由料金制

出演:
Takamitsu Ohta
中田粥
米子匡司

道端、公園、屋上、川沿いの歩道、空家、橋の上。
町の中のどこかで行われるライブイベント。

Takamitsu Ohta

場所・土地・環境から発生する固有の自然現象に注目したインスタレーションを制作。最近の展示に「son/mage005」(space_inframince, 2017)、「土祭」(益子町, 2015)など。Senufo Editionsより作品集「Elemental Studies」 を出版。2012年より音にまつわる作品を制作。訪れた場所で拾い集めた素材で音を鳴らし、体感した環境音を再構成することを試みている。

中田粥(なかだかゆ)

1980年、東京で生まれる。
サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムにショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。 2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。
www.kayunakada.com

米子匡司(よなごただし)

1980年生まれ、大阪府出身。物理現象や電気を扱った自作楽器でのパフォーマンスをしたり、音の展示をしたり、自動販売機を作ったりしています。最近は、電球をオシレーターにした懐中電灯の楽器や、町の地図を元にフィールドレコーディングと演奏を行った《地図による音の記録》シリーズを作っています。SjQ、およびSjQ++メンバー。


トップへ