PORT 大阪市此花区四貫島にある飲食店・商店・住居・アトリエ・事務所などの複合建物。ご宿泊も受け付けています。阪神電車千鳥橋駅より徒歩2分。JR西九条駅より徒歩15分。PORT 飲食店・住居・事務所などの複合建物

SAILING - 1



菊地航

川瀬亜衣

藤原美加
日時:
2018年8月18日(土) 〜 2018年8月19日(日)
(開場) 各公演30分前
(開演) [19日]16:00 [18日・19日]19:30

料金:
(予約) 2,000円 (当日) 2,300円

予約:
定員20名
問い合わせフォームよりご予約ください

出演:
WORK1 . (作)菊池航  (出演)川瀬亜衣
WORK2 . (作)川瀬亜衣 (出演)菊池航 , 藤原美加
トークイベント.武田力, 米子匡司

菊池航による川瀬亜衣のソロ、川瀬亜衣による菊池航と藤原美加のデュオを、大阪市此花区四貫島にある住居とスタジオなどの複合建物PORT4Fにて制作、上演します。
各回、WORK1・WORK2の2作品を公演する全3回公演。
19日(日)19:30の公演終演後には、ゲストを迎えたトークイベントを開催します。

---

SAILING

菊池航と川瀬亜衣がはじめた、

場に寄って変容する
ヒトの身体を踊り、

上演場所を自由に航行するしごと

菊池航

1987年生。近畿大学でダンスを始める。2008年よりダンスカンパニー【淡水】を主宰、振付演出を開始。「意味は無いが無駄は無い」作品で、ライブハウスやギャラリー等空間を開拓しつつ主催公演を重ねる。その場にいて、ただ立つことから踊りになる過程を実感して、動きとして納得出来るダンスを目指す。
ダンサーとしては桑折現演出【dots】の作品や山下残振付「左京区民族舞踊」等へ出演。近年は北村成美振付の市民参加型作品アシスタント/ダンサーとしてアウトリーチWS等に携わる。
2016年より東野祥子×カジワラトシオ【ANTIBODIES collective】ダンサー。【男肉duSoleil】団員チェン。
http://tan-sui.blogspot.jp/

川瀬 亜衣 (かわせ あい)

1987年生。2010年より美術作品制作と並行して千日前青空ダンス倶楽部にて踊り始める。国内ダンス留学@神戸2期修了後、Ensemble Sonne1年所属、翌年拠点を京都へ。近年は、黒沢美香、きたまり/KIKIKIKIKIKI 、あごうさとし、akakilike 、ANTIBODIES Collective 等の作品に出演。自作の舞台作品上演も行う。振付助手、演劇作品への出演、写真家や美術家らとも協業するなど活動は多岐にわたる。身体を踊ること、自身の身体を介して作品の部材になることを活動の基軸にしている。
http://aikws12.wixsite.com/solosailing

藤原 美加 (ふじわら みか)

愛媛県出身。6歳よりモダンダンスを始める。日本女子体育大学舞踊学専攻に入学し、「全日本高校大学ダンスフェスティバルin神戸」にて文部科学大臣賞を受賞。卒業後「国内ダンス留学@神戸」2期生を修了し、近年は きたまり/KIKIKIKIKIKI マーラーシリーズ、黒沢美香等様々な振付家の作品に出演。深い根を張る肉体で時間の「間」を満たし彩る。

武田力(トークゲスト 19日19:30 - )

演出家、民俗芸能アーカイバー。
とある幼稚園での勤務を経て、演劇をはじめる。
糸電話、警察署員の説教、たこ焼きなど演劇っぽくない素材を作品に用いるが、それは各地の民俗芸能に着想を得ている。また、ある過疎集落で継がれる六斎念仏踊りの継承に関わる。こうした民俗芸能との互恵的関係から、社会課題を軽やかに観客と思考する作品を展開している。
アーツコミッションヨコハマ2016, 17年度クリエイティブ・チルドレン・フェローアーティスト。
今夏より此花に移り住む。
http://riki-takeda.com

米子匡司(トークゲスト 19日19:30 - )

音楽家。トロンボーン/ピアノ奏者。プログラマ。
音とそれにまつわる現象を扱った自作楽器での演奏、音源の制作、展示などを行う。
近作は、電球をオシレーターにした懐中電灯の楽器や、町の地図を元にフィールドレコーディングと演奏を行った《地図による音の記録》シリーズなど。
音楽活動のほか、音を販売するための自動販売機の制作も行う。住居とスタジオなどの複合建物PORT管理人。PORTを拠点として屋外でのライブイベント《PARADE》を毎月開催中。SjQ(cubicmusic/HEADZ)およびSjQ++メンバー。


(企画/製作 : Sailing)

トップへ